<   2014年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

『朔旦冬至(さくたんとうじ)』の富士山

今日は冬至
1年で一番日が短いというが、今日は19年に1度という『朔旦冬至(さくたんとうじ)』だという。

日照時間がどんどんと少なくなり、太陽のエネルギーが極限まで弱まって、そこからもう1度、冬至を境に太陽のエネルギーが大きくなり、昼の時間がどんどん長くなっていく、そんな太陽の復活の日。
太陽の周期に対して、月の満ち欠けのサイクルで冬至にあたるのが新月です。 月は満月からどんどん欠けていき、そして一度姿を消したあと、新月で復活し、満月に向けて満ちていく。
この太陽の復活の日『冬至』と、月の復活の日『新月』が重なるのが『朔旦冬至』です。 『朔』は新月を、『旦』は昇る太陽を表しています。
このダブルでおめでたい『朔旦冬至』ですが、太陽と月の周期(約365日と約29.5日)は、当然違っていますので毎年重なるわけではありません。この2つが重なるのが19年に1度、そして2014年がその19年に1度の希少な日なのです。


日が短いということだけでPM4時42分富士山を撮ってみた。
f0092775_17343184.jpg

[PR]
by ymere | 2014-12-22 17:36 | 風景 | Comments(0)

羽根木公園

紅葉・黄葉はほとんど散っていて残り少ない。
f0092775_15283963.jpg
f0092775_1529840.jpg


梅林もあと2か月もすれば“梅まつり”などが開催され賑やかになるのだが、今は開花前の寂しい雰囲気。
f0092775_15353166.jpg

[PR]
by ymere | 2014-12-06 22:25 | 風景 | Comments(0)

Picture & Try


by ymere
プロフィールを見る
画像一覧