<   2014年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

大浮世絵展

1月2日~3月2日まで江戸東京博物館で開催されている。
http://ukiyo-e2014.com/

1月にギックリ腰になった後遺症がすっきりせず、また入れ替わる展示で1月28日~2月16日まで“見返り美人”期間だと知り、大雪の合間(2月8日は45年ぶり27cmの積雪とか・・・)にやっと出かけた。
久々の両国駅、少し変わったのかな?
f0092775_12104192.jpg


f0092775_12192035.jpg“見返り美人”はずいぶん前に友人が集めている切手で見たことがあった。

浮世絵のあけぼの期(17世紀後半)、錦絵の誕生、浮世絵の黄金期、浮世絵のさらなる展開、新たなるステージ(明治初期)に分かれている。
一時期海外に流れてしまった浮世絵を含め(会期中展示替えあり)300点強はあったのだろうか?

“見返り美人”はあけぼの期(菱川師宣)

いつも展覧会などは大勢の人の頭越しに見るか、待って待ってやっと前で見られるかだが、まだ早い時間だったからかさほど混んでなくて1列で整然と並んで順次移動し鑑賞されている客ばかり。
(帰る頃、チケット売り場は蛇行するくらい並んでいた)
絵の前にロープも張ってないので(版画?)すぐ目の前で見られた。
f0092775_1251345.jpg


f0092775_1244181.jpg最後明治期の“髪梳ける女”は新版画運動において最初に作品を打ち出した橋口五葉。
新版画の絵師達は、彫師や摺師との分業による、江戸時代伝統の高度な木版画をよみがえらせた。

と説明にあるように、髪の毛1本1本が細かく着物の柄にも工夫があり、綺麗な作品だった。



1時間強の見学だったが、ずっと立っていたからか腰が痛くなった。
腰痛持ちには展覧会も楽じゃない。
[PR]
by ymere | 2014-02-13 21:51 | 展覧会

小さいおうち

f0092775_18391634.jpg

中島京子の直木賞受賞作の映画化。
ずいぶん前に原作を読んだので映画化は楽しみだった。
(独身で生涯を終えた主人公のタキの手記をもとに戦前の山の手ー昭和10年くらいから第2次大戦までの長い戦争時代ー女中さんを置いていたんだと読んだと読んだ時そう思った。)
f0092775_18374721.jpg

原作では時子奥様の不倫?は一度だけ書かれていたが、映画では何回か板倉の家へ行っている。
タキの初恋だった板倉、丙種合格の彼も戦争末期には招集された。
出征する前の日、板倉に会いに行く時子奥様を止めお手紙を届けるとあずかった封筒はタキが亡くなるまで66年封印されたままだった。
時子奥様のため?そして自分のため?その重みを背負った一生だったのかも。

山田洋次監督作品らしく、家族の優しさ、ぴったりキャスト。
f0092775_18382893.jpg


More
[PR]
by ymere | 2014-02-07 18:29 | 映画

Picture & Try


by ymere
プロフィールを見る
画像一覧