<   2013年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

開催都市決定100日前記念イベント

偶然入った「KITTE」で何やら人だかり。
舞台には4名、重量挙げのメダリスト三宅さんや乙武さんの顔が・・・。
f0092775_17403248.jpg

終わってお帰りになる乙武さんをとカメラを向けたが以外に早い車椅子でピントが外れてしまった。

f0092775_17471386.jpg

旧東京中央郵便局舎の一部と新築部分で構成された、地下1階、地上6階の低層ビルが商業施設。
中は3角形の吹き抜け。周りには雑貨店や衣類、飲食店など店舗が入っている。
f0092775_17435736.jpg

3F、1931年創建当時の東京中央郵便局の創建当時の仕上げ材を補修、修理したうえで元の位置に復元された旧局長室から目の前に東京駅(東京駅から直結だから当たり前・・・)。

本日5月30日、東京駅丸の内口の商業施設「KITTE」で、「2020年オリンピック・パラリンピック開催都市決定100日前記念イベント」が開催され、
会場には中央区立常盤小の子どもたちやお買い物中のお客様・近隣にお勤めの方々など、約600名もの方々が詰め掛けました。

オープニングの東京都交響楽団による演奏に引き続き、招致アンバサダーでロンドンオリンピック銀メダリストの三宅宏実さん、叔父で東京金メダリストの三宅義信さん、パラリンピアンの佐藤真海さん、スポーツライター・作家の乙武洋匡さんが登壇し、招致が成功すればスポーツの力で日本中が元気になること、また人々の障がい者に対する理解が深まり、バリアフリー化が進むことなどについてトークショーが展開されました。また招致スペシャルアンバサダーのドラえもんも登場し、招致活動を応援してくれることを力強く宣言しました。

イベントの最後には、ゲストとドラえもん、子どもたちによるフォトセッションが実施され、招致決定まで100日となったことを来場者全員でお祝いしました。

[PR]
by ymere | 2013-05-30 21:33 | 雑記 | Comments(2)

丸の内タニタ食堂

f0092775_15415494.jpg

レシピ本が売れたり、映画も公開されるらしいタニタ食堂へ行ってみた。
帝劇隣の国際ビル地下1階。
11時20分ごろ着いたが食道前は2列目中ごろまで並んでいた。
ところが10時ころから配る整理券(11時、11時半、12時・・・)を持っている方が優先で、今日は後から列に並んだ整理券持参の方が多く、11時は終わっていたが、11時半の人が前に移動、整理券なしの人はその後ろになった。

f0092775_15501492.jpg

外から見た店内は通路も狭く満席。普通の社員食堂よりは狭い感じ。
店内に案内されたのは12時近く。(12時の予約券の方よりは先に入れた)
予約券のない方はその時間帯には階段の上まで並んでいたので、早めに来て良かったのかも。
入り口で食券を買い、席を確保してから頼んだものを取に行く。
店内はセルフサービスでご飯も自分で好きなだけ(タニタでは普通盛り=100gで160kcal推奨)茶碗に入れる。
社員食堂と同じで、四角のお盆にご飯・主菜・副菜・スープ・お茶と順番に置いて席に戻る。(メイン主菜の所で食券を渡す)
カロリーは500kcal、塩分3gが基準らしい。

f0092775_1605289.jpg

今週の日替わり定食“アボガドハンバーグ定食”=900円を頼んだ。
・アボガドハンバーグ(鶏引き肉+豆腐?)(246kcal 塩分量1.2g)→ボリュームはあるけれど上にかかったあんかけに少し味があるだけ。
・きゅうりのザーサイ和え(キューリとトマトのゴマ酢)
・空芯菜の炒め物(もやし・空芯菜・人参)
・カリフラワーのスープ(小さなカリフラワーが2つ)
・ごはん(金芽米)

[感想]
いつも薄味にしている私にも全ての食事で味をほとんど感じなかった。
よく外食で味噌汁など飲むと味が濃過ぎると感じていたが、今日はちょっと味がいまいちもの足りない。
主菜のハンバーグは上にアボガド(写真では黒く見える)がのっているだけで味はほとんどない。
キューリのザーサイ和えにザーサイはなかった(均等には盛り付けできないだろう)
空芯菜の炒め物は油気はほとんど感じない。
スープに味はあまり感じない。
ボリューム的には野菜が多いので満足感はある。

f0092775_15561572.jpg

タニタだから大きな体重計があって、5分ほどのカウンセリングを受けられる小部屋もあった。
その頃(1時ころ)は廊下に並んでいる人もいなかったので整理券はその近くにお勤めのある人々が先にもらいに来るのだろうと思った。
食堂は3時までだから1時過ぎにくれば待たずに入れるのかも。ただ限定食などはなくなっているかもしれない。
話題の“タニタ食堂”初体験でした。
[PR]
by ymere | 2013-05-30 19:41 | 雑記 | Comments(0)

ボトルシップ

大正初期に作られたらしいボトルシップの展示開始。
第2次大戦もあったのに個人のお宅でよく御無事・・・で保存されていたと思う。
近年になって市に寄贈されたもの。
f0092775_16501296.jpg

ケースに触らずに撮らなければならないし、ガラスケースに光が写りこみうまく撮れない。
f0092775_16522289.jpg

f0092775_1653465.jpg

ガラス瓶の中に船が・・・どうやって作るのかしら?
よく見ると周りにはドイツらしい町並みも入っている。

新聞記事情報
習志野市には、大正四年(1915)九月から4年4か月の間、最盛期には一千名近いドイツ兵がいました。彼らは、大正三年(1914)に勃発した第一次世界大戦において、中国・青島をめぐって行われた日独戦争に敗れ、捕虜となったドイツ兵でした。
その俘虜収容所が、今の東習志野四・五丁目の一角に設置され、「習志野俘虜収容所」と呼ばれていました。彼ら捕虜となった兵士は、収容所の中で勉強会を開いたり、仲間で編成したオーケストラでは「美しく青きドナウ」を奏で、劇団ではイプセンを上演し、サッカーやテニス、ドイツ体操などのスポーツも盛んに行われていました。
収容所長であった西郷寅太郎大佐は、戦いに敗れ囚われの身となった彼らに、深い理解を持っていたといいます。また、何より貴重なことは、彼らドイツ兵が鉄条網の中で当時の習志野の人々とは何の関係も無く過ごしていた訳ではなく、収容所にドイツ兵の洗濯の手伝いに通われた方もいれば、ソーセージの作り方を伝授してくれたドイツ兵もいたのです。
収容所内に入って、捕虜の演芸会を見ていた子どもたちもいたといいます。
さらに、解放後も日本にとどまり、学術や教育、産業の振興に力を尽くされた方もおりました。

[PR]
by ymere | 2013-05-15 17:01 | 雑記 | Comments(0)

母の日プレゼント

Kindle Fire HD 32Gが午前中届いた。
予期しなかったのでびっくり!!
ありがとう。
f0092775_12183175.jpg

iPadミニ等よりは少し重いらしいが、画面は綺麗。
電車の中で本を読むには読みやすい大きさ(文字の大きさは設定できそう)
衝撃にも強いらしいし、本体をカバーにはめ込んだまま電源や音量操作も可能なので優れもの。

iPad2とはちょっとアプリも違うし使いかっても違うので、これから勉強しないと・・・。
[PR]
by ymere | 2013-05-12 14:14 | 雑記 | Comments(0)

羽衣ジャスミン

素馨 (そけい) (Jasmine)

4月下旬ころ咲きはじめ(今年は気温の低い日が多かったので少し遅めかな)、辺りに香を出すので気が付く。
「見てみて」って言っているようだ。
f0092775_17491838.jpg

花言葉 : 誘惑・官能的な愛・優雅・愛らしさ・温和・清純・喜び・愛嬌
[PR]
by ymere | 2013-05-04 19:43 | | Comments(2)

犬群雀 (いぬむれすずめ)

満開、はる~って感じ。
f0092775_17235890.jpg

花言葉 :  謙虚、誠実
へーあまり花言葉が合わないような華やかさ、にぎやかさ。
[PR]
by ymere | 2013-05-04 17:17 | | Comments(0)

Picture & Try


by ymere
プロフィールを見る
画像一覧