<   2013年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

舟を編む

2012年本屋大賞第1位、三浦しをん著の同盟小説を読み、いまどき珍しい主人公(馬締光也)やその周りに登場する関係者を勝手に想像していたので、映画ではどうなるのか興味があった。
(キャストは意外にぴったり・・・)
f0092775_1636497.png

辞書編集部を定年退職する荒木が第1営業部で探した馬締(入社3年目の院卒・名前もマジメというが「まじめ」があだ名の真面目な男)。
↑ の箱がずらりと並ぶ部屋が辞書を作るにあたって最初にする用例採集(言葉集め)カードを補完するところ。
カタカナ語、造語、新語(流行語)や若者言葉、「ら」抜き言葉など時代に即した言葉をカードに書き、辞書に加えていく。(とにかく気が付いたらメモ書きする)

f0092775_16295234.jpg

(↑ 拡大して見られます)
辞書つくりに最初からかかわっていらした監修者・松本先生(大学の教授職を辞し、辞書編集ひとすじ、弟子もとらず学園からも距離を置いてひたすら“言葉”に身を捧げた一生)は玄武書房の『大渡海』完成を待たず1か月前に亡くなったのは馬締には本当に悔やまれる残念なラストだった。

先生が大学で教えていたころから一緒に辞書づくりに携わり、定年後も編集部に顔を出していた荒木に、亡くなる前先生が遺した手紙。
「・・・(略)荒木君、一つだけ訂正します。君の様な編集者には2度と出会えないと言ったが、あれは間違いだった。君が連れてきたまじめさんのおかげで私は再び辞書に邁進することができたのです。本当によかった。感謝という言葉以上の言葉がないか、あの世があるなら用例採集するつもりです。・・・(略)」

特注の用紙は印刷会社の開発部と技術部が1年前にははじめる。
(注)本によると辞書に使う紙は薄く・軽く・文字の裏写りがなく・手に感じるぬめり感(指に吸い付くようにページがめくれ、紙同士がくっついて複数ページが同時にめくれてしまうことがない)が条件。

辞書つくりは用例採集から始まり、用紙開発、装丁、発売までのたくさんの方の手を経て地道な努力の連携と連続、10年20年かけて制作されているのだということを知る。

文字が小さくて老眼の身には電子辞書やPC頼りにしていて辞書を引くことから遠ざかっていたが、改めて辞書の重みを考えさせられた。
[PR]
by ymere | 2013-04-23 16:16 | 映画 | Comments(0)

エリカ

f0092775_1892556.jpg

エリカ属は世界に700種以上の品種があるそうで、全く同じものは見つかりませんでした。
もっと丸い花、葉がもう少し長い、色も赤・白・ピンク系など様々、低木、咲く季節、葉などからエリカだと思われます。
1月頃から咲いているものもあるので時期的に終わりでしょう。
花言葉 : 良い言葉、孤独
[PR]
by ymere | 2013-04-13 21:43 | | Comments(0)

八重さくら

f0092775_15592319.jpg

背景をぼかしレンズ効果に挑戦してみました。
[PR]
by ymere | 2013-04-11 15:47 | | Comments(0)

郭沫若記念館(かくまつじゃくきねんかん)

郭沫若さんという方は全く知らないし聞いたこともない方だが・・・(旧宅を移築した)お庭の芝桜が見ごろとのこと。
前後は日も出ていたのに、ちょうど見学した時間帯は曇り空だった。
f0092775_2155167.jpg

f0092775_2162339.jpg

f0092775_2128378.jpg

戦後、中国政務院副総理や文化教育委員会主任など中国政府の要職をつとめた故郭沫若氏は、昭和2年(1927)から昭和12年(1937)まで市川市須和田で亡命生活を送りました。当時の旧宅は長い間、そのまま現地保存されていましたが、老朽化が進んで痛みがはげしいため、保存がむずかしくなり、平成16年に「郭沫若記念館」として真間5丁目に一部移築・復元され、一般公開されています。
 新築された場所は、郭氏が昭和30年(1955)に市川を訪れた際に詠んだ「別須和田」の漢詩の碑がある須和田公園の近くが選ばれました。
 記念館は、旧宅の間取りを忠実に再現し、玄関や木製のガラス戸などの一部は当時のものがそのまま使われています。庭には当時と同じく泰山木が植えられています。

f0092775_1894480.jpg

[PR]
by ymere | 2013-04-10 20:58 | 風景 | Comments(0)

突然の黒い雲

“一転にわかにかき曇り・・・”とはまさにこのこと。(7日PM6時21分撮影)
真っ黒な雲が覆いかぶさってきた。雪雲のようだったが、雪は降らず。
f0092775_18191659.jpg

普段、夕日をバックの美しい富士山もかわいそう。
f0092775_1820756.jpg

[PR]
by ymere | 2013-04-07 18:40 | 風景 | Comments(0)

サクラチル


「サクラサク」は縁起が良い言葉。
しかし、「サクラチル」頃にやっとお花見に行った。(本当は1週間前が満開の見ごろだったのだが・・・)
2006年4月開園の“さくら広場”の桜の幹がずいぶん太くたくましくなっていた。
7年目か、3歳だった孫が10歳になったのだから桜としてはまだ少年かしら。

ネット情報
三春の滝桜は(ベニシダレザクラ)樹齢1000年とか、
ヤマザクラは寿命は100年~400年ほど。
ヤマザクラは野生種なので接ぎ木などをしていないというのが理由です。

ソメイヨシノ
桜は普通、品種改良やすぐに栽培して増やすために、接ぎ木と言って
他の木に枝を接いで栽培してますので、すぐに本数が増やせます。
ですが、接ぎ木で栽培した桜の寿命はせいぜい60~70年で
幹や枝が腐ってきて、折れるか枯れちゃうそうです。

種から大事に育てた木だけが、樹齢200~400年とかになれるそうです。

ただし種から育てた桜は、花が咲くかどうかは30年くらい経たないと分からないとかで最近はほとんどが接ぎ木ですね。
※中には数年で咲く木もあるそうです
よく、桜の寿命は60年とか言いますが、ほとんどが接ぎ木だからそうなっているだけなのですね。


f0092775_1352840.jpg

近くの公園で満開の頃の写真。

今年は例年より10日以上開花が早まり、その後の天気も気温の上下があったり、曇り空が多かったり、風が強かったりでなかなか青空+桜の花の日は少なかった。
でもがやはり一番好きな花かな・・・。
[PR]
by ymere | 2013-04-05 22:33 | 風景 | Comments(0)

Picture & Try


by ymere
プロフィールを見る
画像一覧