<   2012年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

段菊

下からだんだんに咲く宿根草
f0092775_1818632.jpg

花言葉:忘れ得ぬ思い・悩み
[PR]
by ymere | 2012-09-29 16:10 |

Adobe Reader

今年の夏は長く暑い夏だった。
その暑い時期からPCの調子が悪く、検索していても突然「IEが停止しました」とクリックも全くきかなくなりフリーズ状態、
立ち上げると出てくる「Adobe Readerは毎回アップデイトエラー」
暑さと一緒にイライラしながら、再起動、システムの復元など試みながら使っていた。

決定的になったのがビデオの編集ソフトを入れたらそれが進まない。
(Windowsムービーメーカーを使っていたが、ハイビジョンになって容量が格段に増え、編集画像をハイビジョン用に保存してもDVDだと1枚に入りきれない。ブルーレイに焼きたいと思ってもWindowsDVDメーカーではブルーレイに焼けない。ハイビジョン画像ではなく保存すればできるが、せっかくだからハイビジョンで残したい。)

ビデオメーカーに電話したら遠隔操作を2日間にわたってご親切にした下さったが、結果は「レジストリーを操作することになるのでPCメーカーに聞いてください。リカバリーすればできる」と。

すぐPCメーカーに予約を入れた。
偶然翌日の夜が取れて、やはり遠隔操作も含めて1時間半くらい調べてくださり「リカバリー」となった。
「バックアップを取り、リカバリーの時は予約を3時間ぐらいとってくだされば一緒にしましょう」と言ってくださった。

リカバリーはしたこともあるのでできない事はないが、とにかく時間もかかり、ショックのほうが大きい。

翌日バックアップをはじめ、1日かかってリカバリーした。
Windowsのアップデイトがまた時間がかかり・・・PW(ID Manager)をUSBに保存したのに、自分で別のPCから上書きしてしまったり、本当に嫌になるくらい失敗もした。

その後
システムの構成とかアップデイトとか、全くすっきりしない日が続く。

IEの停止も時々あるし、Adobe Readerのアップデイトはエラーになるし直ってない感じ。
Adobe Readerは削除し入れなおしてみたがAdobe Readerインストーラーは
f0092775_16122583.png

黄色三角が付き「信頼できるソースからのコンテンツが破損しています」と。
もう一度アンインストールをしてインストールしなおしたらやっと落ち着いた。
ソフト類も全部入れなおししなければならないし、毎回通常使えるようになるまでは相当時間がかかる。

タブレットが主流になりつつある。
ちょっとした検索やメールだけなら起動は早いしタブレット端末で十分。
PCはこの秋のWindows8で巻き返せるのだろうか?
[PR]
by ymere | 2012-09-26 16:14 | 雑記

プレゼント

9月15日だった敬老の日が連休の都合上?17日に。同じようなことが10月10日(体育の日)が10月8日に。
休みが何の休みだったかぴんと来なくなったのは私だけか・・・。

これからくるMy誕生日(敬老の日もかねて?)を子や孫(近頃なかなか一致しなくなった)の都合良い日、
孫たちが楽しめる魚釣りができて調理してくれる「ざうお」に集合した。
生簀にないさんまの刺身やサラダ、つまみは先に注文し、頑張って釣りに挑戦してもらう。

孫たちの成果は
f0092775_16532069.jpg

ひっかけ釣りでヒラメをそれぞれ1匹づつ(刺身とから揚げにしてもらう)、エビは刺身に、アジは刺身とにぎり寿司に。
餌釣りではタイをゲット(刺身に)
f0092775_1654959.jpg


ぷりぷり、こりこりおいしくいただきました。

プレゼントは
f0092775_1725350.jpg

“人と人との箸渡し”と珍しい7画の黒檀「箸」とおまけの備前玉、祇園辻利の抹茶クリーム入り「つじりの里」
・備前玉(お米を炊くとき、酒の燗するときに入れると美味しくなるそうだ。水をアルカリ性にするので水やお茶、コーヒーも美味しくなる)
・木箸は、今、はやりの食洗機・乾燥機は使えません。耐久性・保存性が強く、磨くほど光沢も出る。硬い木材のため先細や先角にむいていて実用的な箸に最適素材。

持ちやすいし(こだわりの7画はつかみやすいらしい)なにより優しい手触りです。
ありがとう!!
[PR]
by ymere | 2012-09-18 09:34

あなたへ

高倉健が6年ぶりにスクリーンへと前評判。
NHKでもプロフェッショナルとして1時間半と1時間番組を2回放送していた。
孤高の人、無口な人と思われているが映画のためにプライベートは明かさないスタイルで過ごしてきたそうだ。

f0092775_10345643.png

晩婚のご夫婦、奥様に先立たれた夫が、彼女の遺言で「生まれ故郷の長崎平戸の海に散骨して欲しい」と言われて、富山から平戸まで車で移動中に先々で一期一会の出会い、奥様とのエピソードの回想、理解しあえていたと思っていたが思いを伝えきれてなかったことに気付く。

富山、飛騨高山、京都、瀬戸内、北九州、門司、長崎平戸の漁港薄香にたどり着くまで風光明媚な1200kmの旅。懐かしい風景が多々あった。
作品の中で言っていた。
旅=帰るところがある。(松尾芭蕉)
放浪=帰るところがない。(種田山頭火)

寡黙な主人公でセリフは少ないので見る側が想像して察するという映画だろうか。

作詞作曲 宮沢賢治の「星めぐりの歌」を奥様(田中裕子→結婚前は刑務所など慰問に来ていた歌手という設定)が歌っていた。
とても良い歌だった。


あかいめだまの さそり
ひろげた鷲の つばさ
あをいめだまの 小いぬ、
ひかりのへびの とぐろ。

オリオンは高く うたひ
つゆとしもとを おとす、
アンドロメダの くもは
さかなのくちの かたち。

大ぐまのあしを きたに
五つのばした ところ。
小熊のひたいの うへは
そらのめぐりの めあて。

東日本大震災チャリティソングになっていることを知った。
※売上げは 配信会社手数料を除き、全額寄付されます。
■回向プロジェクト■
回向とは、自分の善行は自分ではなく知らない誰かを
幸せにするという仏教思想です。
回向の様に知らない誰かを幸せに、そんなきもちが
これからもECHOの様に響いて、ひろがっていきますように。
そんな想いから仙台のPOPTUNEというPARTYが企画し、
東京のアーティストの力でリメイクされた楽曲です。
星空をみあげたときに、この宮沢賢治のすばらしい星空の世界とともに、
なくられた方のことを 想えるように願いをこめて。

[PR]
by ymere | 2012-09-12 22:33 | 映画

Picture & Try


by ymere
プロフィールを見る
画像一覧