カテゴリ:展覧会( 7 )

大浮世絵展

1月2日~3月2日まで江戸東京博物館で開催されている。
http://ukiyo-e2014.com/

1月にギックリ腰になった後遺症がすっきりせず、また入れ替わる展示で1月28日~2月16日まで“見返り美人”期間だと知り、大雪の合間(2月8日は45年ぶり27cmの積雪とか・・・)にやっと出かけた。
久々の両国駅、少し変わったのかな?
f0092775_12104192.jpg


f0092775_12192035.jpg“見返り美人”はずいぶん前に友人が集めている切手で見たことがあった。

浮世絵のあけぼの期(17世紀後半)、錦絵の誕生、浮世絵の黄金期、浮世絵のさらなる展開、新たなるステージ(明治初期)に分かれている。
一時期海外に流れてしまった浮世絵を含め(会期中展示替えあり)300点強はあったのだろうか?

“見返り美人”はあけぼの期(菱川師宣)

いつも展覧会などは大勢の人の頭越しに見るか、待って待ってやっと前で見られるかだが、まだ早い時間だったからかさほど混んでなくて1列で整然と並んで順次移動し鑑賞されている客ばかり。
(帰る頃、チケット売り場は蛇行するくらい並んでいた)
絵の前にロープも張ってないので(版画?)すぐ目の前で見られた。
f0092775_1251345.jpg


f0092775_1244181.jpg最後明治期の“髪梳ける女”は新版画運動において最初に作品を打ち出した橋口五葉。
新版画の絵師達は、彫師や摺師との分業による、江戸時代伝統の高度な木版画をよみがえらせた。

と説明にあるように、髪の毛1本1本が細かく着物の柄にも工夫があり、綺麗な作品だった。



1時間強の見学だったが、ずっと立っていたからか腰が痛くなった。
腰痛持ちには展覧会も楽じゃない。
[PR]
by ymere | 2014-02-13 21:51 | 展覧会

特別展 京都

青空がご馳走のような好天の日。
上野公園は黄葉(まだ100%ではないかな?)が多い。大きな銀杏の木が雲一つない青空に綺麗だった。
f0092775_17192311.jpg

国立博物館平成館で行われている“京都”を見に行く。
「洛中洛外図と障壁画の美」重要文化財に指定されている。
f0092775_16211316.jpg

室町時代~江戸時代に描かれた京都の町、人々の生活などを描いた(狩野派全盛時代の)屏風は御所、寺院などの建物など細かく描かれていた。
中でも細かい屏風絵は全身でも2cm弱の人物で顔の表情まではわからなかった。
たまたま隣にいた白髪の男性が拡大鏡で見ていた。
細かい人物の表情まで見えるそうだ。(ずいぶんたくさんの武家や町人のにぎわいが描かれ、皆顔が違うらしい)
今度こういう展覧会の時は持ってきた方が良さそう。一つ参考になった。
上記右の襖絵は二条城。

龍安寺の襖絵は散逸、その一部が近年帰還、さらにメトロポリタン美術館やシアトル美術館から里帰りし一堂に会することができたそうです。
石庭の四季を大画面で流していた。数台のビデオカメラを使い1年がかりで撮影されたものだそうです。

f0092775_160952.jpg

国立博物館本館北側の庭園と言うところ(春と秋だけ公開)へ帰りに寄った。
平成館は何度か来ているが、庭園へ寄ったことはなかった。
少し紅葉もあり小さな池には大賀ハスも咲くようだ。
秋深し・・・を感じ、静かでほっとしたひと時でした。
[PR]
by ymere | 2013-11-21 21:36 | 展覧会

はやぶさ(模型)

国立科学博物館で特別展“空宇宙展”開催
「鳥のように空を飛ぶ夢」から始まって「飛行機時代の幕開け」、「自主開発力の開花」、「国際共同開発と新たな空へ向けて」などのテーマごとに明治時代からの(今では信じられない)日本の航空宇宙史&模型、ロケット、次世代(2014年に就航予定の初の国産)ジェット旅客機MRJのスマートな模型。
f0092775_1212339.jpg

時代時代の開発者の地道な努力が伝わってきました。
昨年丸の内での「はやぶさカプセル」展示では整理券が配られたり、並んだり、何時間待ちのようでした。
[PR]
by ymere | 2011-01-09 22:18 | 展覧会

アンコールワット展

 ”800年の眠りから覚めた神秘の微笑”
f0092775_1145184.jpg

f0092775_1152321.jpg

左端の砂岩の丸彫による大彫像「鎮座する閻魔大王ヤマ天」など、日本初公開となる圧巻な彫刻は3mくらいありそうな石仏(三島由紀夫が戯曲の題材にしたと言われる)


f0092775_1117356.jpg石物の特徴

ほとんどが目をつぶったお顔で、口角が上がり唇が厚く大きい

長い内戦の影響からか、破損しているものも多いのは残念



サイトより
「アンコール遺跡群」はカンボジア王国にある東南アジア最大規模の文化遺産で、1992年にユネスコの世界遺産にも登録されました。この文化遺産は、600年にわたる栄華の大寺院、そこにはアンコール時代に製作されたヒンドゥー教の神像や仏像が数多く安置されていました。それらの彫像は、世界の最高傑作として高い評価を得ています。アンコール王朝は、6世紀頃からクメール民族によってこの地に開かれ、ヒンドゥー教、仏教の美術が花開きました。特に9世紀に入りアンコールの地が王都になると、神々を祀る寺院が歴代の王によって数多く建立されました。この建造物の中で最も有名なものが、12世紀にスーリヤヴァルマン2世(1113~50年頃)により創建された、世界の至宝「アンコールワット」です。
 本展では、プノンペン国立博物館、シハヌーク・イオン博物館から、アンコール王朝最盛期の彫像作品と民族工芸品を中心に60余点を一堂に展覧いたします。出展作品の中には、2001年に上智大学アンコール遺跡国際調査団がバンテアイ・クデイ遺跡で発掘した仏像11点が含まれ、本展最大の見どころとなっています。
[PR]
by ymere | 2010-01-13 11:08 | 展覧会

オルセー美術館展

世田谷・砧公園内の世田谷美術館で今週末まで開催の「オルセー美術館展」へ
用賀の駅から約20分、綺麗に整備された用賀いらか道を歩く。
f0092775_10155489.jpg

歩道にはところどころ和歌が書いてあり、景色と共に読みながら・・・。


f0092775_10185311.jpg

”19世紀アール・ヌーボーの華麗な技と工芸”と副題が付いているとおり、その時代の贅沢な繊細な生活ぶりが伝わってくる。
公式サイトより
「アール・ヌーヴォー」は19世紀末から20世紀初頭にかけて、ヨーロッパを中心に一世を風靡した装飾様式です。近代的な大量生産方式が主流となっていく時代に、生活の美を見つめなおし、装飾や工芸を芸術の域まで高めました。主に、建築や工芸にあらわれ、流れるような曲線が織りなす優美なデザインは、今でも多くの人々を魅了してやみません。
小さな透き通った器や小型のシャンデリア、ナイフフォークのセットにも細かい細工が施されていた。


砧公園の紅葉(少し遅すぎた感)
f0092775_10423271.jpg

[PR]
by ymere | 2009-11-26 22:43 | 展覧会

ベルギー近代絵画のあゆみ

損保ジャパン東郷青児美術館(42F)からの眺め
f0092775_1105357.jpg


「ベルギー近代絵画のあゆみ」観賞
先日観た『 THE ハプスブルク 』は16世紀、今回のは19世紀。
写真のように精巧な描写が、この時代になると、油絵もいろいろ変化してきたのがよくわかった。
サイトより
19世紀に入ってからもレアリスムや印象派、フォーヴィスムなど隣国フランスの絵画運動を取り入れつつ、冷たい北方の気候を描いた風景画、神秘的な室内画、流麗な装飾芸術など、ベルギー独自の芸術が展開しました。
f0092775_1141876.jpg

印象派から数派にわかれ、ゴーギャンやゴッホなど方向へ。
f0092775_1165491.jpg

[PR]
by ymere | 2009-11-13 11:07 | 展覧会

THEハプスブルク

国立新美術館にてTHEハプスブルクを見た。
f0092775_1285733.jpg

マリア・テレジア(髪の毛、レースの感じなど油絵なのに写真のように素晴らしい)
f0092775_129846.jpg

(水晶や碧玉、オウムガイを使った工芸品も多く展示されていた)

特別出品では明治天皇が皇帝フランツ・ヨーゼフ1世に友好のしるしとして贈った画帖(当時の絵師による日本の風景や暮らしを描いた100点の絵画が綴じられたもの)がウィーン美術史美術館に、同時期に贈ったとされる蒔絵棚がオーストリア国立工芸美術館に保管されており、本展でこれらが初めて里帰りし、一般公開。
先日、正倉院展を見たばかりだが、日本の工芸(蒔絵など)もすごい!

公式サイトより
13世紀に勃興して20世紀初頭までヨーロッパに君臨したハプスブルク家は、巧みな結婚政策によって勢力を拡大し、神聖ローマ皇帝も数多く輩出した名門王家です。歴代の王たちは、優れた審美眼と熱意をもって芸術保護に乗り出し、ヨーロッパ美術の真髄を伝える質の高いコレクションを形成しました。デューラーを庇護したマクシミリアン1世、ティツィアーノを召し抱えたカール5世、多数の宮廷画家を擁したルドルフ2世、ベラスケスを側近としても重用したフェリペ4世、1400点にものぼる絵画を集めたネーデルラント総督レオポルト・ヴィルヘルム大公等々、名だたる巨匠と名画の数々に魅了された王たちの成果は枚挙にいとまがありません。女帝マリア・テレジアとその息子ヨーゼフ2世は、作品を宮殿に移し一般公開を始めました。その膨大なコレクションは、ハプスブルク家の威光を示す豪華絢爛さだけでなく、歴史的意義や学術的な質の高さという点でも、特筆に値するものです。
[PR]
by ymere | 2009-11-06 22:13 | 展覧会

Picture & Try


by ymere
プロフィールを見る
画像一覧