東日本大震災から5年 各地でイベント

ちょうど午後2時40分ごろ駅を降りた。
駅前にたくさんの人々が集まっていた。
ときどきイベントをやっている駅前広場、いつもは通り過ぎていた。

「3・11震災地を決して忘れない」
募金の箱もあったし、黄色い旗がひらめいていた。
f0092775_18342893.jpg

2時46分1分間の黙とう。
福島県浪江町から職員がいらして挨拶された。
本当に信じられない大震災だった。
5年経った今でもみなし仮設を含む仮設住宅の入居者は3県で12万人近くと言う。
1日も早い復興を祈るだけしかできない。

フラダンスが数曲あり、最後に全フラダンス者に合せ“花は咲く”を集まった人たちも一緒に歌った。
歌っているうちに涙が出た。
「・・・私は何を残しただろう♪・・・」

寒い日だったが、イベントを開催している方たちに感謝。

体力があれば、ボランティアでの協力もしたかったが、持病持ち・若くはないのでそれはかなわない。
それで自分でできる事、みちのく基金(奨学金)へ協力したり、(新聞に出ていた不足している)腕時計、衣類、(手仕事用に)端切れや毛糸、ミシンなど被災地へ(段ボール箱10箱くらい)送った。
忘れてはいないけれど・・・できる支援、福島等の食材購入などを続けている。

今日はその良い機会、募金に参加し、黄色い旗にメッセージを書いた。
[PR]
by ymere | 2016-03-11 18:37 | 風景

Picture & Try


by ymere
プロフィールを見る
画像一覧