少し前の日本の生活

所用があり地震以来はじめて地下鉄2線に乗りました。
通路の天井灯は3つに2つは消され、エスカレーターも運転中止しているところもありました。
目が慣れるまで全体に暗いとは思いましたが、今まで明るすぎたと気づきました。
ネオン広告も自粛されています。
皆が少しだけ我慢すれば、エネルギーの節約ができます。

ボタン1つですぐ暖かくなったり、ご飯が出来上がったり、何も考えずに電気を使ってきました。(危険と隣り合わせでお仕事しているたくさんの方々のことを考えることもなく)
こんな便利な生活に慣れてしまった現代人、ここで少しだけ考え直すことも必要でしょう。

・少し前の生活を考え、エレベーターはたくさんの荷物があるとき以外は使わないことに。
・車での買い物をやめると自然に持てるだけ(少なく)になります。
・晴れの日は(太陽光を取り入れられる所は)それだけで十分明るく暖かです。

民放のACジャパンの広告が頻繁に出てきます。

今わたしにできること
使っていない電化製品のコンセントは抜いておこう
災害時の連絡方法を決めておこう
必要がないのに買うのはやめよう
被災地の人の気持ちを考えよう
デマに惑わされるのはやめよう
無駄なメール、電話はやめよう
みんなでやれば大きな力に


ほかにも有名人が別の言葉でも流しています。
有り余ってない資源は大切に使わなければ・・・実行していきましょう。

福島原発の地震&津波による事故の影響、避難や風評被害も含めて大きな問題になっています。
いつ終息するのかめどもたたないまま・・・。
(チェルノブイリ事故のときはやはり遠い国の出来事としてニュースを見ていたように思いますが、今は日本で現実に直面しているのです)
連日放送されることで、原子力発電の仕組みもよくわかってきました。

日本で生産されている電力のおよそ20%は、原子力でまかなわれているそうです。
http://www.plus-ondanka.net/c04_hatudensho.html
[PR]
by ymere | 2011-03-30 21:40 | 雑記 | Comments(0)

Picture & Try


by ymere
プロフィールを見る
画像一覧