巨大地震 (ガセネタ、地震酔い)

11日の地震発生時からNHKはもとより民法も通常放送は中止し地震報道。

NHK=東北関東大震災
民法・新聞各社=東日本巨大地震
気象庁=東北地方太平洋沖地震

いずれ統一した名称になるのでしょう。

見るたび読むたびあまりの悲惨さ、劣悪な避難所、むごすぎる。
こんな時にチェーンメールを流したり、今朝は電子音?で「○○○○総務部の○○です。出社困難な方は所属長や人事部に連絡を取ってください」というような内容が固定電話にかかってきた。
ガセネタを流す人の気がしれない。何のメリットがあるのだろうか?

もっと建設的な「今私にできる事」を考えなければ。

地震発生から座ると「また地震かな?」と思える。揺れているような感じがする。
昨日の新聞だったか「地震酔い」と言うのだそうだ。
メカニズムは船酔いや車酔いと同じ。
視覚情報と三半規管で感じる平衡感覚にズレが生じると自律神経が興奮し「酔い」の状態になる。
また地震が来るかもという「不安感」なども原因。
深呼吸をし、冷たい水や温かいお茶を飲むなどリラックスできる工夫をすると良いそうだ。

まだ強い余震が続く。
「緊急地震速報(警報)」が夜寝てからも携帯に入る。
(強い揺れだと地震速報でなくても目が覚める)
そのたびに動悸が始まり寝つかれないこともあるので、しばらく携帯は離しておき、みないことに。

メールはPCにしてもらい携帯はCcで。身内など急ぎは固定電話にした。





4月1日追加
政府が呼称決定「東日本大震災」
[PR]
by ymere | 2011-03-14 22:24 | 雑記 | Comments(0)

Picture & Try


by ymere
プロフィールを見る
画像一覧