「皇室の文庫(ふみくら) 書陵部の名品」展

大雨の降りしきる午後、東御苑・三の丸尚蔵館へ行った。
f0092775_16304560.jpg

鎌倉室町時代の達筆な書や絵巻、古文書、考古品などの展示。

目的は、2週間前「龍馬伝」で龍馬が負傷した手で朱の裏書を書く場面が放映された。
その直筆展示があるという。これが見たかった。
f0092775_16402786.jpg

幕末の志士坂本龍馬(1835~67)が,桂小五郎(後の木戸孝允,1833~77)のもとめに応じて薩長同盟6箇条を保証するために書いた自筆の裏書。慶応2年(1866)正月21日,薩摩藩の西郷隆盛・小松帯刀と長州藩の桂小五郎らが会談を行い,坂本龍馬立ち会いのもと6箇条の薩長同盟が結ばれた。後日小五郎は同盟を確かなものとするため,坂本龍馬に書状を送り,確認を求めたのである。
[PR]
by ymere | 2010-09-23 16:42 | 雑記

Picture & Try


by ymere
プロフィールを見る
画像一覧