ビリーブ  作詞:杉本竜一/ 作曲:杉本竜一

新しい卒業式の歌らしい。believeは英語で「信じる」の意
NHKの生きもの地球紀行のエンディング曲だったそうだ。

我が家の孫も卒園式で歌うために覚えてきて聞かせてくれた。長い難しい曲なのにと感心した。
とても良い曲なので、卒園式で小さな子が歌うのを聞いたら涙が出そう。



  たとえば君が 傷ついて
  くじけそうに なった時は
  かならずぼくが そばにいて
  ささえてあげるよ その肩を
  世界中の 希望をのせて
  この地球は まわってる
  いま未来の 扉を開けるとき
  悲しみや 苦しみが
  いつの日か 喜びに変わるだろう
  アイ ビリーブ イン フューチャー
  信じてる

  もしも誰かが 君のそばで
  泣き出しそうに なった時は
  だまって腕を とりながら
  いっしょに歩いて くれるよね
  世界中の やさしさで
  この地球を つつみたい
  いま素直な 気持ちになれるなら
  憧れや 愛しさが
  大空に はじけて耀(ひか)るだろう
  アイ ビリーブ イン フューチャー
  信じてる

  いま未来の 扉を開けるとき
  アイ ビリーブ イン フューチャー
  信じてる
[PR]
by ymere | 2009-02-16 23:40 | 雑記

Picture & Try


by ymere
プロフィールを見る
画像一覧